代替機を借りれる場所で修理してもらおう

どこで借りられるのか

スマートフォンは、経年劣化・電池交換・落下などの損傷によって、自分では予期出来ないタイミングで修理が必要なケースが出てきます。その間は、代替機を準備しておけば生活に支障が出ませんが、自分で代替機を用意出来ない場合は、1週間以上にわたってスマートフォンを使えない可能性もあります。ただし、大手携帯電話会社(キャリア)で契約したスマートフォンであれば、回線を持っていると修理中に代替機をレンタル出来るので、有効活用してピンチを乗り越えましょう。なお、レンタル出来る代替機は、ショップの指定端末を使うといった制約はあるものの、店頭で申し込めば無料で利用可能です。そして、一部キャリアでは、店頭申し込みに加えて、故障端末を宅配便で送付出来るサービスを行っているので、忙しい人であっても気軽に申し込めます。

スマホの修理期間や代替機レンタル時の注意点

キャリアショップ経由で申し込んだ場合のスマホ修理期間は、1週間から2週間程度が一般的で、修理品が手元に戻って来るタイミングで代替機をショップに持って行きます。その際に代替機を持って行き忘れてしまい、ずっと保有したままになっていると、一定期間経過後(1か月前後)に違約金を数万円単位で支払わないとならない場合が出てきます。それ以外の注意点は、修理品は依頼者自身がフィルムやケースを外す事や、端末を初期化して窓口に提出しなければいけません。端末内の電話番号やメールアドレスなどのデータを消したくない場合は、ショップでソフトやアプリを使ってデータ移行をやってもらえるケースがあるので、有効活用しておきましょう。